スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい腱のマッサージ

前回のドッグダンスに関する記事の中でもちらりと触れましたが、チョコは時々明らかに脚の具合がよろしくない
暖かくなってから(いや、暑いけど・・・)は明らかにおかしいというのは減っているのですが、左右のかかとの高さが違うのが気になっていました。

ということで、ご近所のコーギー、クーくん&小夏ちゃんのブログで紹介されていた腱のマッサージをしていただくことに。

腱のマッサージは京都にお住いのコーギー・ボーイママさんにお世話になりました。
腱のケアプログラム技術者養成講座を修了されたボーイママさんのマッサージで、椎間板ヘルニアのクーくん、今のところ調子が良いという事。
ボーイママさんが腱のマッサージを修得されるきっかけもご自分の愛犬のケアのためだそうで、他にもつらい犬がたくさんいるので、楽にしてあげたいという思いで実施していただいております。
チョコも気になるところを相談しながらマッサージしていただきました。

以下、専門的なことが全く分かっていないチョコ母の表現ですので、実際の症状などの表現はあくまでイメージですのであしからずヾ(;´▽`A``

さて、今回はクー&小夏ママさんのお宅にお邪魔しました。
DVC00068_convert_20120909180912.jpg
小夏ちゃん、ごめんね~、チョコがガウガウでケージinしてもらっちゃって・・・・
クー君やボーイくんたちも車やゲージにinでして、ほんと、申し訳ない!

みなさんのご協力により・・・

DVC00058_convert_20120909180420.jpg

チョコさん、気持ちよくマッサージしていただきました

初めは
DVC00064_convert_20120909180807.jpg DVC00065_convert_20120909180822.jpg
なんですか? なんなんですか?
となっていたけれど、すぐに、

DVC00059_convert_20120909180944.jpg
顔がにゃは~~~んとなって・・・

DVC00060_convert_20120909180649.jpg DVC00061_convert_20120909180706.jpg

DVC00063_convert_20120909180721.jpg

気持ち良いがな~となっておりました。

お腹ゴローンとかなってたもんな~

終わるころにはチョコの気になっていた腰のあたりのポコンと腫れたような、筋肉のような盛り上がりが少し小さくなっていました

チョコは前脚のあたりも気になるのですが、何より今回は、肋骨の後方あたりの「出っ張り」と、胸の狭さに注目が。
ここ1年くらい?から、肋骨の後方に出っ張りができてました。
何だか骨が変形しているような・・・
でも、実はこれが腱なんだそうで、変に引っ張られたりしていることで出ているそうです。
今はマッサージしても痛くないけど、ひどくなると痛みを伴うそうなので、今のうちにケアしたいところ。

そして、チョコの最大の気になるところは、胸の狭さ。
生まれつきチョコは前脚と前脚の間が非常に狭い。
横になると胸の骨の形がかなり三角形に出っ張っています。
つまり、横幅が無く、その狭いところに心臓や肺などの臓器が収納されているわけで、広い犬に比べたら、やはり機能を十分に果たしにくい状態にあると言う感じだそうです。
マッサージで腱の緊張?を解いてあげて胸骨が広がってくれば呼吸や心臓がもっと楽になるらしいのです。
私もチョコが体力がないのは以前から気になっていました。
血液検査も良好なんですが、コーギーにしては体力がない!
すぐに疲れるんです。

脚の動きももっと可動域が広がるはずらしいので、もっともっと楽にしてあげたい

ということで、マッサージを継続してもらおうと思っています。
来月もお願いしました
その間は家でケアするべく、教えてもらった方法でマッサージしていこうと思っています


そして、ついでに・・・くらいに思ってやっていただいたハル姉さん。

DVC00066_convert_20120909180839.jpg
リラックスしていますが、これは実はずいぶん時間が経ってからの模様。

超怖がり&神経が細いハル姉さん。

初めは撫でてくれるの~って思ってたら、あら、違うのね・・・
何だか・・・・
え~っと・・・・
やめてもらおうかしら・・・・

となってたのですが、最後にはやっぱり気持ちえぇやん
DVC00069_convert_20120909180900.jpg

実はハルさん、全体的にガッチリ腱が固まって?おりました
この1カ月くらいで急に太ったように見えていたハル。
なのに、体重は全く変わっていない・・・・なぜ
体を触ったら、ブル~ンと全体的に肉が付いているように思うのに・・・・?
と思ってたら、これが腱だそうです。
そして、マッサージ後・・・・
なんということでしょう (ビフォーアフター風)
触っても感じられなかった肋骨がわかるようになり、ウエストも少しくびれてる

ここ1カ月・・・・

そう、原因として考えられるのは雷です。
雷が苦手なハル。
雷が鳴っている間中、体を緊張させてブルブルふるえ、呼吸も荒い。
イメージとしてはこれで体が張ってしまった感じ!?

いろいろあるんですね~

しかも、長年体重も重かったので、つねに負担がかかっていた期間が数年。
少しずつ、少しずつ負担が積み重なっていたため、本犬はあまり辛いと感じていなかったのではないかという事です。
特に歩き方や動き方に顕著な変化がなかったので、私も気づきませんでした。

チョコは痛みに強く、あまり痛みを訴えないのに、明らかにわかりやすいということは、それだけ辛かったということでしょうと言われ、納得です。

スポーツもダンスも好きなチョコなので、楽しむためにもケアは大切。

興味のある方はお声かけていただければ、やっていただけますよ
愛犬を楽にしてあげたい方、どうぞ~。

って、別に斡旋してるわけではないので、ご安心を(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。