スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初フラボ

前回は「あきらめない」ということで、ハルの進歩に驚いた私ですが、今回はチョコも新しいことにチャレンジしてみたのでその模様を。
(今回の写真、カメラを忘れていったせいで携帯で撮ったことと、夕方で薄暗くなってきていたのでかなりボケております(;^_^A アセアセ・・・)

チョコ、6歳7か月にして、初チャレンジしたことは・・・フライボール
フライ
ボール

おいしい?

おいしくな~い

チョコの嘆きは置いておいて、

フライボールをご存じない方に簡単な解説を。
ハードル4個を跳んだ後にボックスにタッチ!
→ ボックスにセットされたテニスボールが飛び出し、それをキャッチ
→ ボールを咥えたままターンして再び同じハードル4個を跳んで帰ってくる
という競技です。
タイムトライアルの個人戦と、4人&4頭でリレーして競う団体戦とあります。

DVC00175.jpg
今回はカインズ木津川&コーナン宇治のトレーナー4人と、見学のジルちゃんが参加。
ほぼ初チャレンジの犬がほとんど。

少し前から教室に置いてあった機材で少しずつ個々に練習していたのですが・・・

チョコ、目の前から勢いよく出てくるテニスボールが体にぶつかることでビビりまくる
その結果、ボックスへのアップ(足を乗せる)を要求されても、爪の先でチョイチョイとひっかくだけ
そして「ワン!(できん!)」と訴える・・・
そんな状況になりまして~。

まぁ、もともとボールに大した執着がないもんで、「怖い目してまでなんでボール取らなあかんの!」っていう彼の主張もごもっとも

ん~・・・・と考えて練習方法を変えてみました。
① まずはボックスに前脚載せてボックス上のおやつを食べる。
② ボックスからとっても柔らかい(当たっても痛くない)布製ボールが出るようにセット。
これを繰り返して慣れてもらいました。

何しろ、教室で練習すると、ボックスからバネではじかれる「バン!」という音もかなり大きいのでビビる。

ん~、合同練習ではどうなるかしら、やっぱり避けるのかしらと怪しい気持ちで参加。


と・こ・ろ・が

意外とこれが素直にやってくれちゃいました。

少しずつボールの衝撃を和らげてもらって慣れさせてもらったり、果敢にチャレンジしてくれたりで、うまく慣れることができました。

DVC00176加工

しかも、芝生の上だとボックスから発する衝撃音がかなり軽減。
そのおかげもあって、無事に初フラボ(一応)できました

と言っても、アジリティやエクストリームと違って、ハンドラーが一緒に走ることができない競技なので、スタート地点からの指示のみというのが今後の課題。
なんとなくはできているのですが、ターンした後オーバーランして1個目のハードルをすっ飛ばしてみたりもするので、しっかり意識を付けることが必要かな

CIMG3856小
しっかり前を意識して跳ぶんだよ~

DVC00188.jpg
茶色3頭、黒白3頭(笑)
パートナー犬に交じってそれっぽくマテしているハル。
実はこの時、一人お座りしてたんですけど、黒瀬トレーナーのこむぎに対する気合の入った「フセ!!」に反応してしっかりフセして待ってました。
私の日頃の気合はやっぱり足りんのか(笑)

DVC00189.jpg
1頭疲れてるみたいですけどね

この後、全く出番のなかったハルをフリーにした途端、めちゃくちゃ走り回ってenjoyしておりました。
しかも、同じ牧羊犬を意識してか、ボーダーのほのちゃん大好きとロックオンして、ついて回る・・・。
たのすぅぃ~となって、結局この日一番楽しんだのはハルだったんじゃないかと思うくらい

前から興味はあったものの、機会がなかったことと、チョコには課題がいっぱいだったことで二の足を踏んでいた競技。
・ボール執着無い → 少しは好き+お仕事好き
・ボールを咥え続けるのが苦手 → 持来トレーニング強化でクリア
・ボックスの音にビビる → 音に慣れるトレーニング!?
などなど、諸々の課題を少しずつクリアしていった結果、チャレンジすることができました。

誘っていただいて本当にありがとうございました
なんとなくでもできたら楽しいもんで、この次の合同練習が待ち遠しくなりました

ハルは・・・う~ん、これはさすがに道のり遠そうなんで、しばらく挑戦の予定なし(笑)
でもまた走り回ってenjoyしてちょ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。